顧客管理を徹底したいならPOSを導入しよう

取得が厳しいことでも有名

握手

専門家へよく相談

香港は日本にとって身近な海外ではありますが、それは観光目的であったり、短期間の滞在に限られています。日本のパスポートを持っていれば90日間はビザなし滞在が認められているのです。しかし、ビジネスであったり就労目的である場合には、ビザの取得が必要になります。もし違反した場合には、罰金や禁固刑といった厳しい罰則規定があります。また、香港ビザにはいくつかの種類があり、目的によって取得が異なるので注意しましょう。例えば、香港の企業において従業員として働くためには「就労ビザ」が必要です。また、この就労ビザを持ち働いている人の家族には、「扶養家族ビザ」というものが発行可能です。香港にある法人企業に関係するビジネスにおいては、「投資ビザ」や「研修ビザ」といったものもあります。実は香港ビザは、多くの他の国と比べても審査基準が厳しいとも言われています。香港は、英語が公用語として使用されており、世界各国の人が訪れることからビジネスチャンスも生まれやすい国ではあります。しかし世界経済の低迷を受けて最近では失業率も高まっています。そのために、国内での雇用の確保を優先するために、就労ビザの取得は厳しくなっているのです。一度却下されると、再度取得しようとしたときにハードルが上がってしまうとも言われており、申請する場合には、書類の不備がないか、条件がきちんと揃っているかなど、専門家によく相談をして申請手続きを取ることがいいでしょう。