顧客管理を徹底したいならPOSを導入しよう

食器をおいしさの演出に

会議

料理と客層に合わせた選択

料理は飲食店にとって欠かせませんが、食器とセットになって初めてひとつの商品が出来上がります。飲食店で導入している業務用食器は専門店が存在し、一般家庭用とは異なるデザイン・強度の商品が選択可能です。業務用食器はより取り見取りで目移りするほどの品数ですが、料理の見栄えは食器の選び方で変わるといっても過言ではありません。これは、派手だったり高級だったりすれば良いのではなく、無地でシンプルな食器が合うケースも多いということです。業務用食器専門店ではどちらのデザインでも選択できますので、まずは自社の料理に合う食器選びを心掛けると良いでしょう。飲食店は時間帯やジャンルで客層が異なるため、食器の強度に配慮するべきケースがあります。例えば幼児や小学生を連れた家族がメイン層となる場合、コップやお皿が落下するシーンも多くなることでしょう。割れた際は買い替えで済みますが、破片によるケガのトラブルはお店側に責任があり、大事となってしまう可能性もあるのです。業務用食器は割れないタイプも用意されていますので、客層に合わせて選択するのもひとつの工夫となります。割れない食器は飲食店だけではなく、医療施設や教育施設の食堂でも利用可能です。業務用食器はバラでも選択できますが、セットで購入するとお得になるサービスもあります。料理のランクと注文量に合わせて揃えるとムダに在庫を持つ必要がなくなり、保管中の破損や汚損も防げるでしょう。また、急に必要となってもあわてないように、通販タイプの専門店をピックアップしておくと安心です。