顧客管理を徹底したいならPOSを導入しよう

接骨院を始めるには

相談

開院の準備

柔道整復師は骨や関節、靭帯などに発生した損傷を施術によって治療する柔道整復術を行うことが出来、この治療は非観血的療法という治療技術で自然治癒力を高める治療として、医療の概念として治療を行います。柔道整復師は国家試験の合格者で厚生労働大臣の免許を受けてその資格が授与されます。柔道整復師の資格を取ると接骨院が開業でき、また、医療機関での勤務が可能となります。医療機関に勤務する人で、のちに開業する人も多いです。柔道整復師が接骨院を開業するためには様々な準備が必要で、まずは所管の保険所に開院届けが必要となります。開院届けは正しくは「施術所開設届」です。医療保険を適用するためには厚生局での契約番号が必要となるので、これに関わる申請を行います。労災保険の指定を受けるためには労働基準局に申請します。ここまでは届け出に関する内容ですが、開業で最も重要なことは開業資金です。金融公庫などの公的機関を通じて資金調達を行うことが出来ます。接骨院の設備投資はおおよそ1000万円ほど掛かります。初期投資はできるだけ抑えることが経営安定への近道となるので、ある程度自分で貯めた貯金を利用して、借入を少なくし、物件賃貸の場合であれば居抜物件を探すことなどを検討すると良いでしょう。経営が上手くいかなくなる原因にランニングコストが売り上げを上回ることです。その中で大きなウエイトとなるのが家賃と返済です。居抜きであれば家賃交渉が可能です。